コンフィマットレス(インフレータブルマット)の収納方法など

以前から気になっていたインフレータブルマットの収納方法やら使い方などについて…
自分が行っている方法が正しいのかどうかというのがイマイチ自信が無かったり。というのも、8月上旬に手持ちのコンフィマットレスがいよいよどうしようも無いと言う事で修理に出したのだが(こちらの記事参照)、その際にメーカーの人にいい機会だからと質問してみた。

Q.
今回の不良はコーティング不足と言う事だけど、それはマットの使い方によって起こり得る?
使い方としてはだいたい説明書通りにバルブの口を緩めてしばらくそのまま放置、
あらかた膨らんだ所で膨らみが足りないと感じた場合は口で膨らませている。
場合によっては口で膨らます割合が多くなるのだけど…

A.
ご質問の通常どおりの使用でしたら問題ナシ。
岩石・枝・その他の先の尖ったのものがあるところでの使用では、穴や破損の可能性があるから気を付けてね。

Q.
付属の収納袋を使い続けていても大丈夫?
付属の袋を使って収納、持ち運びする場合は同じ部分に折り目がつきマット生地にストレスを与えるのでは?と考えてるけど、そのまま付属の収納袋を使っていても問題ない?
それとも大きめの袋に入れて運搬した方が好ましい?

A.
保管については、収納ケースから出して保管するのが最適だけど、一般のご家庭では場所の問題等がございますので、広げての保管は厳しいと思われ。
よって収納袋にいれたままでの保管でも問題ないので、ご安心めされい。

…とまあ今までの使い方で特に問題なし、というのが判った。
個人的には大きめの袋で運搬すべきなのかなぁと思っていたので、付属ケースのまま保管してもいいという判断基準が出来たのが嬉しい所。これで安心してキャンプに出かけられますな。

執筆者:dgr
バイクツーリングにハマり続けて早何年... 最近は秋〜春の寒い時期のキャンプが心落ち着いていい感じです。
→dgrさんのサイトへ

SIMILAR POSTS

コメント / トラックバック 2 件

  1. mass より:

    ちょっと方向性が違うかも知れませんが、お茶の水の某登山用品屋さんで、この種のマットは丸めて無理矢理付属の袋につめるより、適当に畳んでそのままの方がよいときいたことがあります。そのときはいちいちしまうより手軽だからなのかなっと思いましたが…。

  2. dgr より:

    確かに付属の袋はメーカーにもよるんですが、キツメに作ってある所もあるようです。
    イスカ、プロモンテはそれほど問題ないと感じましたが、サーマレストはどうでしたっけ…

    メーカーの回答では問題なしとの事でしたので、それに関して気にする事は止めましたw
    それよりも、尖った石などでパンクする場合の方が確率としては多いような気がします。メーカーさんもそちらを気にしている印象でした。
    グランドシートを併用する事で延命を図って行きたいですね。

コメントをどうぞ


8 − = 三


"));