キャンプツーリング中の盗難対策

ca250031.jpg
よく掲示板の書き込みで「盗難対策ってどうすればいいですか?」的な書き込みが定期的にあるような気がするので、ここは一つ、盗難に対する心構えと対策について考えてみよう。

なるべく人の多い場所ではバイクを止めない
まず確率的に考えれば、人の少ない場所になればなるほど盗難の確率は純粋に減って行きますね。キャンプツーリングですと自然的に都市部に居る事は少なくなって来るかと思うので、この辺りの条件は楽勝でクリアできるのではないでしょうか。

問題はちょっとした観光地でしょうね。
こういった場所になると車上狙いと言う不届きな輩が居る確率も高くなると思います。可能であればメジャーな観光地は避けておいた方が無難だとは思いますが、どうしても行きたい場合であれば、駐車場管理者の居る所に止める・目立たない場所に止めるなどの手法が使えると思います。
私の場合ですと月並みではありますが、高価そうに見えるものは取り外して行きます。例としては地図代わりに使っているハンディGPSですね。

貴重品は常に身に着けておく
当然の事ながら、貴重品は常に身に着けておきましょう。出来るだけバイク近辺に金の匂いがする物は置いておかない用が良いです。
私の場合ですと、荷物は(ほんのちょっとですよ)小汚い雰囲気の外観にしています。これは意図してやっているんですよ。
決してモノグサだとかそういう事は無いんですってばw

貴重品の話で言えば、温泉などで入浴時に貴重品をロッカーに入れずに盗難に遭うと言う場合の方がバイクを止めいたら云々という場合よりも多いのではないでしょうか?

上記の事をまとめると、至極当り前の結論になってしまいますが、逆に言えばそれで十分と言う話でもありますね。盗難の話についてはキャンプツーリングに限らず、普段から気を付けている事をそのまま実行すればいいのではないかな、と思います。

(バイク自体に希少価値があるものはバイク自体盗難の可能性があるのでこの限りではありませんが…)

執筆者:dgr
バイクツーリングにハマり続けて早何年... 最近は秋〜春の寒い時期のキャンプが心落ち着いていい感じです。
→dgrさんのサイトへ

SIMILAR POSTS

コメントをどうぞ


7 × = 五十 六


"));