アウトドアで使いやすいコーヒーミル

キャンプなどでコーヒーを飲む人はけっこういると思われます。
過去Campediaでもいくつか記事があるようですね。

うまいコーヒーを淹れるためにはよい豆を都度挽いて淹れたいものですが、今回はアウトドアでそれをするためのコーヒーミルを紹介してみます。
ポーレックスのセラミックスコーヒーミルです。

Amazon.co.jp ポーレックス コーヒーミル

P1020076

よいところ

このミルはアウトドア用のコーヒーミルと銘打たれているように、非常に携帯しやすい作りになっています。
大きさは500mlのペットボトルをちょっとスリムにしたような感じ。
ステンレスのボディは多少手荒に扱っても平気です。
ミルを回すハンドルは簡単に取り外しができるようになっており、収納に時間もかかりません。

肝心のミルとしての性能はどうかと言うとこちらも十分な実力を持っています。
刃の部分の調節ネジを回すことで粉の粗さを変えることができ、粒の粗さも均一です。
スイスイ挽けて手挽きミルにありがちな空回りもあまりありません。
ミルにフタがあるため豆のかけらが飛び散ったりしないのもいいポイントです。

また刃がセラミックなので部分を水洗いすることができるという特徴があります。
水洗いする際には刃の部分を分解して取り出すのですが、その分解も簡単です。
メンテナンス性の面でも高く評価できます。

価格も3000円程度と手頃です。

このように性能的に申し分なく外見もなかなかカッコイイので普通に自宅で使っている人も多いようですね。
一度に挽ける豆の量は約30gなので、ソロから数人までのコーヒータイムに適しています。

悪いところ

一方で長期間使用しているとハンドルと本体を留める箇所が徐々に削れて緩くなり、使っている間にハンドルが外れやすくなるという問題が多く報告されています。
私はまだ数ヶ月しか使っていないのでこの問題には直面していませんが、構造的に納得できる話です。

年に数回から十数回程度アウトドアで使うだけなら問題なさそうですが、日常的に使うと問題ありと言うことかもしれません。

関連記事

執筆者:akahige
去年までCB400SFでキャンプツーリングしてました。 今年からはCB1300SBでキャンプツーリングに行きます。
→akahigeさんのサイトへ

SIMILAR POSTS

コメントをどうぞ


九 × = 54


"));